統括店長・営業部 / 望月 敏夫

全店舗の統括業務を行う望月さんから、今後のアマノクリエイトについて語っていただきました。

インタビュアー:まずはどのような経緯で入社されたかをお聞かせください。
望月さん:かれこれ19年前の話しになりますね(笑)求人サイトを見ていたら家から近いお店が募集していて、それがアマノクリエイトでした。もう他で採用も決まっていたのですが、まあ面接しようって思って。3人の方と1人づつ、面接をしてという感じでしたね。
インタビュアー:19年前ですか!
望月さん:はい(笑)なので社内では古株ですね。アマノクリエイトに入社する前は、2件のイタリアンを経験し退職したので、アマノクリエイトで最後の会社だ、と心に決めたのを覚えています。

インタビュアー:入社当初の思い出や、何か心に残っている出来事などございますか?
望月さん:天野社長はオーラが凄かったですね!仔羊の料理方法など教えてくれたのを覚えています。最初は上司が天野社長含め2人しかいらっしゃらず、大変でした(笑)
インタビュアー:設立当初だと、色々と創り上げていかなければならない時期ですよね。
望月さん:はい。キッチンメインでしたが、お店全体を把握して全てのレシピを覚えて、その他の細かい業務もこなしていくといった日々でしたね(笑)もう全部です。全部を一ヶ月ぐらいで覚えなきゃいけないっていう(笑)
インタビュアー:一ヶ月ですか!それは、、、
望月さん:大変でしたよ(笑)まあ設立当初の話しなので、今はそんなことないですが。
天野社長:・・・ごめんなさい(笑)

インタビュアー:設立当初からご自身に何か心境の変化などはございましたか?
望月さん:忙しい中で作業をこなしていると、やっぱり否応なしに自分の得意不得意がちゃんとわかるようになってきましたね。不得意なことってやっぱり時間がかかるんですよ。
インタビュアー:なるほど。
望月さん:それを補っていくことももちろん必要なんですけど、何よりも大事なことは、そこから見つめ直してそれでも経験と信念は曲げないことですね。不得意を補うと得意な部分が削られてしまうこともあるので。そういうバランスのようなものが大事だと思います。
インタビュアー:お店全体を統括しているからこそのお考えですね。

インタビュアー:当初は色々と大変だったと思いますが、それでもアマノクリエイトに入ってよかったな、と思う時はありますか?
望月さん:アマノクリエイトはスタッフの意見が通りやすかったり、自分で考えて行動することが結構自由なので、働きやすい環境というのが1番良かったなって思います。自分自身を活かせる場所がどのスタッフにもちゃんとある。
インタビュアー:働きやすさ、というのは1番重要ですよね。
望月さん:それによって、スタッフのモチベーションも違ってくると思いますし、やっぱり「こうした方がいいんじゃないかな?」って思ったことを先輩や会社が聞いてくれる環境って、すごく大事です。

インタビュアー:最後に未来のスタッフへ一言お願いします。
望月さん:そうですね。もちろん幸せは自分次第ですし自分で決めるものなんですけど、「自分にとっての幸せ」を後押しできる企業だと勝手に思っています(笑)達成感だったり充実感だったりを提供できるっていうと語弊があるかもしれませんが、、、、。なんていうんですかね(笑)一言でいうと、、、想いやりのある会社です。
インタビュアー:短くまとめましたね!(笑)ありがとうございました!
望月さん:ありがとうございました!

関連する記事
店長・人事部 / 小林 香澄
関連記事
店長・人事部 / 小林 香澄
店長・販売促進部 / 結城 貴將
関連記事
店長・販売促進部 / 結城 貴將
総料理長・商品部 / 平松 怜音
関連記事
総料理長・商品部 / 平松 怜音
東京イタリア酒場P店長 / 藤野 宏美
関連記事
東京イタリア酒場P店長 / 藤野 宏美