• HOME
  • インタビュー:平松 怜音

インタビュー:平松 怜音

平松 怜音
総料理長・商品部
アマノクリエイトが設立する以前より、代表天野と進行があった平松さんから、現状と今後のアマノクリエイトについて伺いました。

インタビュアー:天野さんとの出会いはアマノクリエイトが設立する前だとお聞きしました。
平松さん:はい、そうですね。初めて会ったのは、アマノクリエイトを設立する10年も前の話しになりますね。その頃はそんなに良く話す間柄でもなく、勝手にクールな天才肌の人なんだろうなと思っていました(笑)そして10年後、まったくそんな人ではないと知るんですけどね。もちろん良い意味でです(笑)
インタビュアー:なるほど(笑)そして設立と同時に?
平松さん:そうです。家庭を持ち、子供が生まれるタイミングで転職を考えていたんです。その時に天野社長に声をかけてもらい、想いに共感して入社を決意しました。

インタビュアー:入社当初はどのような業務をメインで行っていましたか?
平松さん:入社当初は、総料理長ではなくイタリア酒場P飯田橋店の店長として従事していました。ありがたいことに、店舗運営のほとんどを信頼して任せてもらっていたので、窮屈なことは何一つなかったです。
インタビュアー:そういった意味でもとても働きやすかったのですね。
平松さん:良い意味で、自由に今までのやり方にない、自分らしいお店作りをさせてもらっていました。そこでまた学ばせていただきましたね。やらされる仕事ではなく、やりたい事をやれる環境を用意してもらえていたので、辛かった事とかも特にないですね(笑)
インタビュアー:それだけ平松さんに信頼をおいていたのだと思います。

インタビュアー:通称LABOといわれる商品開発部に所属しておられますが、そこでの業務はいかがでしょうか?
平松さん:所謂新しいレシピを考案する部署なのですが、これがやっぱり料理人冥利につきるというか。どんなことでもそうだと思うのですが、やればやる程良くなる、磨けば磨く程光るという事が実感できます。特に料理はそれが嫌というほど出ますからね。手を抜けばお客様も気付くと思いますよ。
インタビュアー:確かに、食ってどんな人でも必ず行いますし、身近なことですからね。
平松さん:なので、レシピなども結構細かくマイナーチェンジを繰り返してます。常連さんにもさらに感動していただく為に。

インタビュアー:数年後、こうなっていたいなどの目標はありますか?
平松さん:とにかくブームを創りたいですね。それがお店自体の雰囲気でも、お店の商品でも。料理人だからといって人気商品を創ってそれを世に知らしめたいという感じではなく、アマノクリエイト自体のファンを獲得してどんどん広まっていってほしいです。
インタビュアー:ブームを創ることは商品だけでなく、他にも難しいことがたくさんありますよね。
平松さん:そうですね。そんなすぐにできることではないと思いますが、アマノクリエイトだったらって。

インタビュアー:最後に、これから入社されるかもしれない未来のスタッフに一言お願いします。
平松さん:まだまだ出来たてホヤホヤのチーム故に、大変な事も少なからずあるかと思いますが、その反面、自分の思い描く理想を自分自身で創り上げる事が出来ると思います。「楽」ではないかもしれませんが、「楽」しいと思います!
インタビュアー:迷ってる未来のスタッフの背中を押すコメント、ありがとうございました!
平松さん:ありがとうございました!

正社員・アルバイト募集中!

アマノクリエイトでは飲食業で働き楽しむということを共有し、素晴らしい毎日を一緒に創っていける仲間を募集しています。
詳しくはこちら

注目ページ